代表 044-777-5556

地域医療連携画像診断センター 044-752-6666

FAX 044-752-3669

神奈川県川崎市中原区

井田杉山町29-10 MAP

【島脳神経外科・整形外科医院】川崎市|中原区|脳神経外科|整形外科|リハビリ|リハビリテーション|脳ドック

最新医療トピックス最新医療トピックス

頭をぶつけたとき
手術実績
人間ドックの予約はこちらから
HOME»  最新医療トピックス

脊椎圧迫骨折に対する骨セメント治療 経皮的椎体形成術脊椎圧迫骨折に対する骨セメント治療 経皮的椎体形成術

経皮的椎体形成術

脊椎圧迫骨折とは

背骨のことを専門用語で【脊椎せきつい】と呼びます。脊椎圧迫骨折とは軽微な外傷により脊椎が押し潰され、変形してしまう骨折で主に胸椎、腰椎に起きます。骨粗鬆症が進み脊椎が弱くなると、少しの衝撃で潰れてしまいます。転倒、尻もち、くしゃみ、重い荷物を持つなどで起こります。

骨セメント注入術とは

脊椎圧迫骨折は骨粗鬆症を有する高齢者に多く、人口の高齢化に伴い、大きな社会問題になっています。これまでの保存的治療では長期にわたり、安静を強いられる為、寝たきり、長期入院は避けられず、その結果合併症の併発も少なくありませんでした。経皮的椎体形成術【骨セメント注入術】は皮膚に局所麻酔をし、骨折椎体に直接穿刺針を刺し、そこから骨セメントを注入することにより、椎体を強化し疼痛を緩和する低侵襲治療です。

1990年代後半より米国を中心に、骨粗鬆症による圧迫骨折の治療が数多く施行され、その有用性が認められ1997年に日本に導入されました。当院でも2005年からこの骨セメントを取り入れ開始しております。

ページの先頭へ戻る

どのような治療手技なの?

STEP1

STEP1

患者さんを腹臥位(うつぶせ)の状態で検査台に寝ていただきます。続いて、皮下組織に局所麻酔を行い、CTでシュミレーションをおこなった場所へ針を刺していきます。

STEP2

STEP2

刺入位置、角度等にズレがある場合は補正を行い、再度CT撮影を行う。シュミレーションと一致するまでこの作業を繰り返す。シュミレーションと一致したら、ニードルがしっかり椎弓根に刺入されていること、刺入角度が適切であることを確認する。

STEP3

STEP3

透視下で穿刺針を適切な深さまで進めていきます。

STEP4

STEP4

注入するセメントを作成します。はじめはペースト状ですが、約5分前後で固くなります。

STEP5

STEP5

作成したセメントを慎重に骨折した椎体に注入していきます。椎体外に漏れが無いか十分に気を付けながら注入していきます。

入院期間と治療費は?

入院期間と治療費は?

手術したその日のうちに歩行が可能になりますが、当院では術後の様子をみるため、4日ほど入院していただいてます。また術後には2週間ほどのリハビリも必要となります。当院のリハビリテーション科には常駐する理学療法士、作業療法士の指導のもと起立・歩行訓練を行っていただきます。
健康保険診療扱いになります。

ページの先頭へ戻る

合併症(副作用)について

すべての患者さんに合併症(副作用)が起こるというわけではありません。ですが、起こりうる可能性のある副作用について説明致します。

1
骨セメントが椎体以外に漏れた場合、セメントが血管に入り、肺へ飛んでしまう肺塞栓症や脊髄が通る場所へ漏れると下肢への麻痺や痺れ、痛みなどの神経症状があらわれることもあります。透視下で十分に注意しながら注入していますので、症状がでるほどの量のセメントが漏れる事は非常に稀です。
2
もともと骨粗鬆症で骨が脆いため、セメント注入により強くなった椎体の周りに負荷がかかり、隣接する上下の椎体に新しい圧迫骨折を起こす可能性もあります。必要性のある方は医師と相談したうえ、再び骨セメントを行います。
3
可能性としては低いですが、セメント製剤によるアレルギーショック、不整脈の発生、一過性血圧低下などがあります。

これら合併症(副作用)に対して、ここで紹介した治療では使用する骨セメントが少ない量で行われるため、合併症(副作用)の発生率、可能性ははるかに低いと考えられています。極めて稀な合併症ですがアレルギーショックや肺塞栓症などは命に関わることもあります。
当院ではGE社製16列マルチスライスCTやTOSHIBA製外科用X線装置を使い、リアルタイムで何度もシュミレーションをし最適なセメント注入部位を決めていきます。しかし、術中に合併症(副作用)が起こってしまった場合には、出来る限り軽い症状で収まるように適切かつ最大限の対処を行います。

術後の日常生活で気をつけることとは?

術後の日常生活で気をつけることとは?

特にありませんが、痛みが無くなったことで逆に無理をしてしまうと治療した以外の背骨(脊椎)を骨折してしまう恐れがあります。基本的には骨粗鬆症など骨が脆い方への治療ですので、それなりに気をつける必要があると考えられます。

当院でのこれまでの実績

平成17年より経皮的経椎弓根的骨セメント注入術を施行しています。

  男性 女性 合計
平成17年 6 11 17
平成18年 13 49 62
平成19年 14 38 52
平成20年 11 34 45
平成21年 12 40 52
平成22年 13 35 48
平成23年 16 55 71
平成24年 17 46 63
平成25年 23 66 89
平成26年 19 53 72
平成27年 4 35 39
平成28年 9 47 54
合計 157 509 664

※平成29年3月現在

ページの先頭へ戻る